Skip to main content.

Archives

This is the archive for March 2011
20110331-plus1.png

Facebookの「いいね!」に対抗して「+1」、Googleが検索結果にボタン追加
http://dt.business.nifty.com/articles/1191.html


前々からGoogleのSEOがソーシャルな方向に向かっているという話はあったものの、Googleが直接ソーシャルな評価基準となる機能を用意してくる以上、ますますその流れが加速して、これまでのSEO対策の効果が相対的に下がってくるのではないでしょうか。

とはいえ、h1タグやパンくずナビといった内部SEOは効果が下がるということはないような気もします。
効率的にサイトの内容を伝える為でもありますからね。
内部SEOがめちゃくちゃだとワケワカメですもんね。

問題は外部SEO。

外部リンクによるページランクの評価がソーシャルグラフ中心の評価に少しずつ移行していく流れとなりそうな予感。
そして、小手先のSEO手法がどんどん通用しなくなっていく反面、ソーシャルSEO的なものの需要が高まっていくんでしょうなぁ。



簡単なところでは「炎上マーケティング」とか。

例えば、誰かがサイト炎上の犠牲を買って出て、集中したアクセスをさりげなく他所へ流す。
でも、その他所にアクセスを流すのが本当の狙いという、

いわば

「ここは俺に任せてお前達は先へ行け!」マーケティング。

なんてどうでしょうか。

こういう人の関心を引いたり、人の感情を煽ったりするような手法が必要となってくると、
SEOもそろそろ心理学者が参入してくる時代ではないかと、そう思うわけなんですよ。
20110331-kabi.png

スタイリッシュ漂白アクション。

PS3 UserAgent

 
とあるサーバのアクセスログを見ていたら意外なユーザエージェントを発見。

Mozilla/5.0 (PLAYSTATION 3; 1.00)

PS3のユーザエージェントってのがすぐ分かるくらいサッパリしたUAですな。

そうかー、もうゲーム機でインターネットするのが普通な時代なんだなーとひしひしと感じました。
デジタルイミグレイトな私からすると、ちょっとまだ違和感を感じるかもかも。




まぁ、


かく言う私も


インターネットデビューはPCじゃなく


ワープロだけどな!(゜д゜ )




でかいワープロにモジュラーケーブルを繋いで、

ピーガガーピー、カタカタカタ、ピーピーピー、カタカタカタ

なんて音を毎回出していた時代のことなんてデジタルネイティブには伝わらないんだろーなー。

「インターネット=OCNのホームページ」
と思っていた時代が懐かしい。。。
お酒ガブガブ飲んだ後に風呂に入ってウトウトしてたらすごい息苦しくなってフラフラしてもうた・・・。

不摂生な生活がそろそろ表面化してきたか!(゜д゜;;;)



うーん、もう若さが枯渇してるっすなぁ。


      // ガチャ
    / ./  
    /   /
   /∩/H\
   / .|(  0M0)_ <オデノカラダハボドボドダ!
  //|    ヽ/
  " ̄ ̄ ̄ ̄"
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%89
%E3%82%A5%E3%83%AB%E8%AA%9E

20110327-shalrotte.png

シャルロッテかわいいよ、シャルロッテ。
Androidタブレットって本体のHDD容量が少ないので、バンバンデータ入れようと思ったら外部メディアで容量を補わざるを得ない。

microSDカードを使っているのですが、いかんせん容量が256Mしか無かったので、そこそこ容量のあるものを買おうかと思ったわけで。


Androidタブレットを買った時に書かれてた説明ではmicroSDカードは使用可とは記載されていたけれど、microSDHCカードについては何も触れられていませんでした。


使えるかどうか若干不安だったので、8Gで3,000円という無難なmicroSDHCカードを買って挿してみたところちゃんと認識してくれました。

microSDHCカードの箱の裏に

「microSDカードが使える機種だからってmicroSDHCカードが全て使えるなどと思いあがるんじゃない!」クワッ(゜д゜ )


って感じの注意書きがあったので、やるだけやってみるかーというノリで挿しましたが、とりあえずAndroid2.1は8GのmicroSDHCは使用可ってことですな。

もちろん、ハードウェア的に認識できるかどうかとなるとそれはメーカー次第になるので、デジカメとか携帯の場合はメーカーのHPでチェックする必要があるとは思いますが、Androidタブレットに限っていえばほとんどがmicroSDHCを使えるのではないかなと思ってます。

規格上、microSDは2Gより大きい容量のものは無いですが、Androidタブレットだと多分2Gでは少ないでしょうし、そうなると必然的に2G以上の容量があるmicroSDHCをメインに使うという前提で作られてそうな気がするけど、どうなんですかね。
20110325-cache.png

画像や映像のコンテンツをメインとするサイトでの負荷対策に有効なモジュールであるexpiresモジュールの設定メモ。

画像や動画メインのサイトというと、画像掲示板とか、YouTubeとかですね。
あと、SNS系サイトも登録会員のアバター画像や写真掲載などがありますので、サイトの規模が大きいと画像専用のサーバを用意したりします。

当方のサーバではそんなコンテンツは無いのでそこまで必要ではないですが、いじる機会があったのでその時の備忘録をば。

続きを読む
 
知り合いのおんにゃの子からまたサーバを使わせて欲しいというお願いきますた。

去年、電気通信事業者登録を済ましているので、有料で貸しても法的にはOKなんですけど、そこはね、無料にしますよ。


紳士ですから(゜д゜)


変態という名の紳士ですから!ハァハァ(´д`* )



んで、
サーバスペースを貸し出すのは良いのですが、人様のデータを扱う割合が増えてくるとサーバの保守性の強化を否応なく意識してしまうわけで。


バックアップは1日1回取ってるからデータ損失というのは無いけど、
問題は今使ってるサーバが物理的にぶっ壊れた時に予備のサーバが無いってことですね。

何か起こった時にその場ですぐ別サーバを用意できるかどうかで復旧速度は段違いに変わります。


個人でレンタルサーバ業をやってる知人さんは実験用兼予備用のサーバを常にストックしていると言っていたのですが
いかんせん、うちにそんなにPCを置くスペースが無いというのがネック。

サイズ的にはMini-ITXのPCがあればいいんですが、いかんせんMini-ITX用のパーツは割高なイメージがあるのでなかなか手を出す気にならないんですよね。

これはなかなかに悩ましいですな(・ω・`)
null
近所で買ったUSBメモリがWindowsのFATでフォーマットされていたので、Linux用に変更した時のメモ。

ここではusbメモリは/dev/sdaと認識されている前提で書いてます。
環境によるので、どのデバイスがどう認識されているかは要確認。
これで間違って他のHDDを初期化したとなったら目も当てられません。

# fdisk -l

Disk /dev/sda: 4038 MB, 4038066176 bytes
5 heads, 4 sectors/track, 394342 cylinders
Units = シリンダ数 of 20 * 512 = 10240 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 410 394343 3939328 b W95 FAT32


「W95 FAT32」とあるのでFAT32であることがわかります。

なので、まずはそのパーティションの情報を削除。

#fdisk /dev/sda
コマンド (m でヘルプ): d
Selected partition 1


削除されたことを確認。
コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 4038 MB, 4038066176 bytes
5 heads, 4 sectors/track, 394342 cylinders
Units = シリンダ数 of 20 * 512 = 10240 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System



この時点ではまだ削除は完了していません。
次に、Linux用に新規パーティションを作成

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e 拡張
p 基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-394342, default 1): (return)
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM↓
または +サイズK (1-394342, default 394342): (return)
Using default value 394342


そして、[w]で書き込み。
コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!
[w]で書き込むことによって設定が反映されます。
一応、書き込まれたことを確認。
#fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 4038 MB, 4038066176 bytes
5 heads, 4 sectors/track, 394342 cylinders
Units = シリンダ数 of 20 * 512 = 10240 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 1 394342 3943418 83 Linux

Systemの部分が「W95 FAT32」から「Linux」に変わってるのが分かります。

パーティションの設定の次はext3でフォーマットする作業。
mkfs.ext3 /dev/sda1

以上で終了。
一時的な使用ではなく、ずっと使うのならfstabで自動マウント設定にしておけばok。

内蔵HDDだと、最初からフォーマットしないといけないという気にもなりますが、
USBの外付けHDDやUSBメモリだと「挿せばそのまま使えるんじゃない?」という風に思ってしまいがち。
gitをインストールしていることが前提です。


ここからDLできます。gitもここのを利用してます。
http://www.videolan.org/developers/x264.html

cd /usr/local/src
git clone git://git.videolan.org/x264.git x264
cd x264
./configure --enable-mp4-output --enable-pthread --enable-shared
make
make install


ffmpeg0.6.1でmakeした時に「undefined reference 'X264〜'」とか出て何回かx264を再インストールする羽目になったので、今後の自分用の備忘録。
やる速 : 【速報】大阪超強風、西の空が真っ赤
http://blog.livedoor.jp/yarusoku/archives/50684996.html


強風吹いてるし、夜なのに空が赤かったらしいし、今日みぞれ降ってるしで大阪も何かしら異常な状態になってるんですかね。

とうとう自宅PCの

『人様に見られてはいけないファイル』


を整理する時が来たか・・・・!(・д・´)
1つのネットワーク内にサーバを複数設置して、各々のサーバにFTPでアクセスするためにNATで標準以外のポートを割り当ててFTPを立ち上げてみたところ「500 Illegal PORT command」というお返事が。

ログインまでは一応できてるっぽいので、ググってみたところ下記のような記述を発見。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/649ftpport/ftpport.html
FTPの標準ポート番号を変更する − @IT


標準的なFTPポートを使用している場合は、アドレス変換部(ルータ)において適切に処理されるが、ポート番号を変更すると、FTPの通信であることが認識できなくなるので、FTPの通信ができなくなる。

ふむ、ようするに標準ポートでは制御用ポートとデータ転送用ポートが決まっているから問題無いけど、ポート番号を変更すると制御用ポートは変更した値に合わせられるけど、データ転送のポートは未指定の状態なので、「ログインはできてもデータ一覧取得などはできませんよー」、という認識でいいんでしょうかね。

それで対処法は

このような設定を利用する場合は、イントラネットや(アドレス変換を伴わない)VPNネットワークなどで使用するか、FTPのパッシブ・モードを利用するファイアウォールのFTP処理に対して、ポート番号を明示的に指示する、などの対処が必要である。

ということらしいです。

そういうわけで、パッシブモード用のポートを空けて接続してみたらちゃんと繋がりました。
多分、上記3つの方法の中ではパッシブが一番楽なのではないでしょうか。

1つのグローバルIP内に複数のFTPサーバがある状況なんて、面倒なシステムを作らない限りそうそう無いとは思いますが、セキュリティ面の都合でFTPのポート番号を変更した人も同じところでつっかかるかも。
いくら甘いものが好きでも、何個もお菓子を返される人などからすると辛いものも欲しかろうと思い、デパ地下を散策。

ホワイトデー仕様のエビせんべいを発見。
ハート型にくり抜いてあって焼き印で「いつもありがとう」というメッセージ入り。

探せばあるもんですな。

じゅんこう

 
インターネット広告業界用語で「純広」っていう言葉があります。

純広(純広告)とは画像主体の商品広告のことです。
画像とは逆に文字主体の広告だと「記事広」って言います。

私はこの間まで「じゅんこう」の文字をずっと「巡広」だと思ってました。

なんか一定期間ごとに広告が巡りめぐって行くようなイメージがあったのと、「じゅんこう」って言葉を電話口でしか使わないことが多かったので。

メールだと大体、「電話でお話いたしました素材を送付します。よろしくお願い致します。」的な感じでデータをもらうだけのパターンが多いので文字として見た記憶が無かったです。

余所様に誤字メールを送ってしまう前に気付いて良かった(^-^;)
携帯も繋がりにくいし、メールも遅延で届く・・・。
よっぽど大事な用事でも無い限りしばらくは携帯の使用を控えたほうがよさそうですね。

大阪でも多少揺れたそうで。
地震発生時、周りの人は

「あれ・・・?揺れてない?」

とざわついていたのに私一人だけ地震に気づきませんでした。

なんという鈍感(-_-)
最近・・・というよりも4月末まで忙しい身です。
おはようございます。

なんやかんやと今日は朝帰りです。
・・・雪降ってます。

もう3月11日なのに。
このままだとホワイトホワイトデーになるのでわ?
久しぶりにメールしたけど・・・覚えてるかなぁ。(。´-ω・)?
メアド変更したから登録よろしくです(*・∀-)☆
****.***.**.**@docomo.ne.jp


送信元アドレスは ++++.++++++@docomo.ne.jp
どう考えてもただの迷惑メールなんですが、寝起きにこんなメール見たせいでうっかり「だれですか?(´д`)」って返しそうになりました。

たしか、携帯を50台くらい契約して、全部外装を外して直接携帯とPCをつなげてプログラムでメールの自動送信などをしている業者があるそうなので携帯からのメールだったとしても安心しちゃダメですな、ということなのです。

ちなみに普通の方法では携帯は5台くらいまでしか借りられませんが、法人名義で社内連絡用として申請すれば案外簡単に数十台契約できるそうです。

新しい味

 
ブラックコーヒーと黒酢ドリンクを一緒に飲むと
消し炭の味がしたよ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ∧_∧
          ( ´Д⊂ヽ
         ⊂    ノ
           人  Y
          し (_)
雪だるま

先月降った雪から作って、事務所の冷凍庫にずっと保管していた雪だるま。
冷凍庫のスペースを結構取ってると言われたのでこの度、野良雪だるまとなりました。
副業で作成するシステムで、先方から資料としてもらったflaファイルを開く必要があったので最新のCS5をAmazonでGetなんよ(・ω・`)
これからActionScript3.0を勉強しなきゃならんのよ(・ω・`)
PCのファイル整理をしていたらtest.phpっていうのがあって中身を見てみたらFizzBuzz問題の解法コード。
FizzBuzzを初めて知った時に自分ならどうするかって考えて書いたことあったなぁと思い出しました。

ちなみに「FizzBuzz」とは

1から100まで順番に数えてもらうとする。
その時、3で割り切れる数字は「Fizz」、5で割り切れる数字なら「Buzz」、両方で割り切れる場合は「FizzBuzz」、それ以外ならそのまま数字を言う。

という遊びのことで、このアルゴリズムをプログラムで作れというのが「FizzBuzz問題」です。
世界のナベアツの「3の倍数だけアホになる」と同じジャンルの遊びですね。

プログラマ志望の人に入社試験でこの問題を解かせてみると意外とできない人が多かったということで少し話題になったやつです。
たしかアメリカの話だったような気がします。

アルゴリズムとしては非常に簡単ですが、入社試験というプレッシャーのかかる環境で、しかも制限時間が5分くらい(でしたっけ?)でプログラムを書けと言われると私もパニックになるだろうなぁと思います。

せっかく出てきたので、そのtest.phpの中身をそのままペタッとコピペ。

<?php
function FizzBuzz($i = 0) {
  if ( ++$i > 100 ) return;
  if ( $i%3 == 0 ) echo("Fizz");
  if ( $i%5 == 0 ) echo("Buzz");
  if ( $i%3 != 0 && $i%5 != 0 ) echo($i);
  echo "<br />";
  return FizzBuzz($i);
}
FizzBuzz();
?>

思わず笑ったコピペ貼ってこうぜ : あじゃじゃしたー
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/4166420.html


より引用。

正義の味方の特徴

1.自分自身の具体的な目標をもたない
2.相手の夢を阻止するのが生きがい
3.単独〜小人数で行動
4.常になにかが起こってから行動
5.受け身の姿勢
6.いつも怒っている

悪玉の特徴

1.大きな夢、野望を抱いている
2.目標達成のため、研究開発を怠らない
3.日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
4.失敗してもへこたれない
5.組織で行動する
6.よく笑う


正直、この発想は無かった

悪玉の方がよっぽど良い人そうに見える!不思議!
20110303-totuyuki.png
もう3月なのに、雪降ってるー!
前にも書いてましたが、ここんとこしょっちゅうローソンの干しいも(105円)を買ってしまうんよ(´ω` )

ほのかな甘みとムッチャムッチャした感触が良いんよ(´ω` )

周りから「便秘なん?」って聞かれるようになったけどくじけないんよ(´ω` )
フレッツ光ネクストって、IP電話不要で申し込むとルータが無いんですね。
フレッツ光プレミアムにはいつもルータ(CTU)が付いてたので、光ネクストが届いた当初は

「あれ!?CTUが無えええぇぇぇ!!!(゜A゜)

まさか紛失!?(゜д゜;)」


などと焦ったものです。

マニュアルを見てみたら、ルータはIP電話用ルータとしてオプションでレンタル可能、と。
ONUが1つある状態が普通なんですね。

ただ、ルータが無いと1台しかインターネットに接続できないので、複数台のPCがある家庭はほとんど必然的にIP電話用のルータもレンタルせざるを得ないという罠。
なんという孔明(^q^)。

一応、光ネクスト対応のルータを別途購入して設定してくださいみたいな解説もありましたが、PCに詳しい人がいないと多分ネットの設定できないんじゃないかなぁ,とかしみじみ思いました。


まぁそれはそうと、諸事情でフレッツ光ネクストでLinuxのpppoe接続ができるかどうかというのを確かめないといけなかったわけですよ。

気になったのが以下の点。

Windows標準のPPPoEドライバ(広帯域接続)に対応しているのか教えてください
http://flets.com/faq/detail/225.html


フレッツのFAQのページに「Windows標準のPPPoEドライバには対応しておりません」と書かれているので普通のPPPoEとちょっと違うのかと内心ひやひやしました。


でも結論から言えば

Linuxからフレッツ光ネクストでも普通にpppoe接続ができました。

確認として使ったのはDebianです。

もし、自宅サーバや小規模ネットワーク構築などの予定のある人の参考になれば。
レンタルではなく、他社のルータを使用する際は「フレッツ光ネクスト対応」と明記されている製品を買わないと枕を濡らす夜を過ごすことになると思います。


サーバ利用ではなく、普通にインターネットに接続するだけならWindowsPCに付属CDを入れてツールをポチポチ押すだけで設定が終わるので楽にはなってるんですけどねー。

それに光ネクストには200Mbpsタイプもあるので「サラマンダー(100Mbps)よりはやーい(ネットの速度が)」とか言えます(´∀`)

キ(・∀・)ター!


NINTENDO 3DSが発売されて3Dだなんだのと世の中は騒いでおりますが。
3月9日にNINTENDO DSiでBASIC言語が組める「プチコン」が発売されるとな!

高校の頃にいじってたN88BASICを思い出す!
思い出しちゃうぜ!(゜д゜)

おっさんホイホイ! DSiで動くBASIC「プチコン」
http://www.gizmodo.jp/2011/02/dsibasic.html


ざっと見た感じでは、DSでファミコンクオリティのゲームを自作するのを想定した仕様になってるっぽいですね。

作ったプログラムは近くのDSとは通信での受け渡しは可。
でもセキュリティ上、ネットを介した配布は不可・・・か。

作ったコードをそのままネット上で公開すればWifiを介さなくても受け渡しはできそうだけど、問題はDSのインターフェースで長いコードを扱うのは書くのも写すのも大変そうだという点。

現実的に考えると、作ったゲームを周囲の人にプレイしてもらうというのが関の山でしょうか。

ともあれ、あと8日で発売か・・・。
これは買いそうな気がします!

プチコン 公式サイト
http://smileboom.com/special/petitcom/index_a40.html