Skip to main content.

kindle濡れた

 
いつも通りkindleを防水パックにいれて風呂で読んでいたら、防水パックに亀裂が入っていてkindleが水浸しになった挙句に再起動を一晩中繰り返す自体になってしまったけど、充電切らせて乾燥させてたら直ったんよ。


家電を濡らした時は乾燥させるに限る\(^o^)/
今のPCのグラボがさすがに古くなってきているので次に買い換える時に今のマザボとかにマッチするものを探した結果、「RADEON RX560」が値段と性能の折り合い的に一番良いかなーと思うのでとりあえずメモメモ。

年内にはグラボ交換して、メモリも16Gからもうちょい増やしたいなぁと思う昨今。
こないだ、小型ノートPCのGPD Pocketが届いたのでちょろちょろ使用中。




Fallout4はさすがに動かなかったけど、簡単な3Dゲームくらいなら普通に動いたので寝ながらSTEAMをするにはいいかもしんない。

あと、ポケットに入るくらい小さいのでカバンの中にも楽に収納可能。
ちょっとした外での打ち合わせとか資料編集、メール・チャットのやり取りくらいならこれで問題無さげ。

とは言え、キーボードが小さいのでコーディングとかライティングなどの長時間の入力作業はさすがに不向きと思われる。


そんな感じです。
以上、GPD Pocketの感想ですた(´・ω・` )
知り合いが4月くらいにFacebookのアカウントを乗っ取られて、そん時はすぐに該当端末の接続拒否とかしてなんとかなったけど、先週になってAmazonのアカウントも乗っ取られて、そのうえメールアドレスも変更されたからもうどうしようもない状態になってました。

なんだろうか・・・とてもシンプルなパスワードだったんですかね。
こういう話を聞くと、2段階認証大事やねーと思うわけで。

AmazonもFacebookもクレジットカード情報が紐づいてたりするから、自分ならまずカード会社に連絡とか?

( ゚Д゚)コワー
最近、仕事の都合でもっぱらMacを使ってるわけですが、
AtomのRemote-FTPの挙動がWindowsとMacで違うんですがこれはなんざましょ?

WinのAtomでは、Remote-FTPで接続すると左側のウィンドウがローカル、右側のウィンドウがリモートなのに、

Macの方では、左側がリモート、右側がローカルになってる。。。。




なんで逆なのー?( ゚д゚ )


設定項目調べてもそれっぽいのが見当たらなかったし、慣れるしか無いんかな?
もっと探せばどこかに設定箇所があるのかもしれないけど、もう慣れた方が早いと思い始めてる梅雨明けの初夏を感じる今日この頃。
うちのマストドンのインスタンス

Mastodons.JP
https://mastodons.jp/

の象の部分の画像をいらすとやさんの画像に差し替えてみたドン。

20170427-mastodons_01.jpg


20170427-mastodons_02.jpg


市役所からの封筒にも使われているくらい日本の実効支配力を日々強めているいらすとやさんの画像を使っておけばとりあえず日本のインスタンスということが分かりやすいかな、と思った次第。
今月最もホットな話題のマストドンが自分も気になったので試しにインスタンスを立ててみました。

乗るしか無い!このビッグウェーブに!( ゚Д゚ )

ドメインは mastodonにsをつけて.jpドメインで「mastodons.jp」です。

Mastodons
https://mastodons.jp/
20170421-mastdon.jpg


使用しているのは

・さくらのクラウド(サーバ)
・ValueDomain(ドメイン)
・さくらのSSL(SSL)
・さくらのメールボックス(SSL取得用)
・sendgrid(SMTP)

という、恐らくほとんどの人がマストドンをインストールする際に利用してそうな構成です。

ちなみに自分のアカウントは
https://mastodons.jp/@rutti
です。
さぁ、フォローをしてくださいやがれてもいいんですよ?

そんであとは公式のドキュメントを見つつnginxのプロキシなどの設定をして終わりという感じ。

documentation/Running-Mastodon
https://github.com/tootsuite/documentation/tree/master/Running-Mastodon


一応負荷が高くなっても、すぐにスペックを上げて対応できるようにだけはしてますがまぁそんなことを気にするだけ杞憂かなとも思うわけで。
このサイト記事を見て、Amazonゴールドカードを申し込んだわけで。

Amazonゴールドカードの損益分岐点を調べたら有利だったので申し込んだ結果
http://nelog.jp/amazon-mastercard-gold


「Amazonで年に84000円は買い物をするならゴールドカードの方がお得」と書かれていたので調べてみると、去年は28万円、今年は21万円ほどAmazonで買い物をしているのでまぁお得になるんかなぁと思って申し込み。

20161202-amazon_gold.jpg


んで、まぁ届いたわけですが上記のサイトを改めて見てみるとAmazonが2016年10月末に改定をしたのでそんなにゴールドカードのメリットが無くなった模様。



ふぁっきん密林 (´∀`*)


でもダンボールデザインはちょっと好きかも。
突然な話ではあるんですが、短縮URLサービスとして運営していたce2.beを売る流れとなりますた。

まぁ正確にはドメインだけなんですが。

短縮URLサービス | Ce2Be
http://ce2.be/

20161126-domain_sell.png



流れとしてはこんな感じ。
============
先方「こんにちわ。私はベルギーでベンチャー企業を営んでいます。あなたが持ってるce2.beドメインを是非売ってほしいと考えてます。いくらなら売っていただけますか?」


当方「$15,000(約170万円)用意しろ。3文字のドメインならこれくらいの価値があろうもん。」


先方「高すぎます。そんなに余裕がありません・・・・。」


当方「勉強するやで。金額を言ってみ。」


先方「$500(約5万6000円)ほどです。売ってもらえるかどうか非常に心配ですが・・・。」


当方「よかろうもん。(どうせ夏からサイト売買に出してたサイトだし)」


先方「あざーっす!ペイパル持ってます?弁護士に取引方法について相談して月曜日までにはまた連絡しますー。ありがとう!そして、ありがとう!」
(イマココ)
============

というわけで、このままドメイン売却する流れです。

10万円くらいまで釣り上げても良かったかなーと若干思わなくもないですが、2000円のドメインが5万円で売れるならまぁ妥協できるラインと思います。

そもそも、このドメインってドメイン管理団体の意向かなんかで匿名登録ができなくなるとかいうのもあってもともとタダで手放す予定でもあったので値段釣り上げて破談するよりは利確狙いで行ってみたわけで。

やり取りは全部英語で行ってたんですが、ベルギーの公用語ってオランダ語60%・フランス語40%なんですね。
ドメイン譲渡した後のサイトを見に行こうかと思ったけど、サイトがオランダ語で書かれていたら全く分からん・・・・。


まぁ、それはともかく、
お小遣いGETなんよ(予定)。 (´・ω・`)
ランサーズやクラウドワークスでライターさんに記事作成を頼む時に常々思うのですが、「記事のクオリティに自信があります。」と自負されている割には、提案時の文面のクオリティが低い方を見るとちょっと

ショボーン(´・ω・` )

ってなります。

ああいう提案時の文章こそライターさんのPRポイントになると思うのですが・・・。
残念!


今回1記事5000円で発注しているので提案が多いのはありがたいですが、いろんな方がいますね、というお話。


他社のシャッチョさんに聞くとライティングを1記事2万円で出していると聞いて、その差に
ショボボボーン(´・ω・` )

かと思えば、単価200円という会社もあるそうで。

アフィリエイトやまとめサイトを主軸にしている会社ほど、記事単価をなるべく低く抑えようとしている傾向が強いです。

記事の質より記事の量ってことですね。


それにしても単価2万円の記事って、ちょっと見てみたい。
そんなに違いが出るもんなんですかね。

芸能人格付けチェックみたいに
単価200円、5000円、20000円の記事を出されても多分自分にはあまり見分けがつかないような気もするんですが。

結局ウェブの記事ってライターさんの資質に大きく左右されるので良い人が見つかるかどうか分かれ目だと思っています。


当方、ガジェット関連に強い興味を持っていて英語翻訳を得意とするライターさんを現在募集中。
そんな昨今です。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»