Skip to main content.
Linuxで「linux usb device not accepting address error 71」と出た場合

Linuxマシンにバックアップ用として外付けUSBハードディスクを設置してみました。
最初はちゃんと認識されてバックアップデータをそのUSBHDDに保存することができたのですが、

データを格納して、なんやかんやで一回再起動をかけてみると

usb device not accepting


と出てしまい、それ以降は全く外付けUSBを認識せず。
続きを読む
 
ビールサーバ!

FC2ブログを見てみたら、エラーページに「nginx」の表記。
つまり、FC2ブログはNginx(エンジンエックス)で動いてたんですね。

nginx - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Nginx



というか、このNginxというWebサーバ自体を初めて知りました。
ApacheとLighttpdしか使ったこと無かったんよ(´・ω・` )

なので何が違うんかなーとウェブサーバの比較をしているページをググってみました。
続きを読む
 
去年末にサーバをオニューにして以来、サーバ監視ツールを入れるのを忘れていたのでMuninをインストールし直したー。

Muninのインストール方法は過去にこのブログでメモっていたのですんなり終わりました。

そんなに頻繁にグラフを見ることも無いんでしょうし、もしMuninのグラフに異常が見つかってもに発見した時点で既にいろいろ手遅れな状況なんでしょうけども、やっぱりサーバの状態はすぐに見れる環境にあったほうが良いんだとは思います。

よくわからない安心感みたいなものがあります。

当サーバのMunin
http://rutti.net/munin/


近々PHPを5.2から5.3にアップグレードしようかと思うので、その間に表示させるメンテナンスページを用意。


無駄にお洒落な感じにしてみた( ・`ω・´)
FTPやSSHなどで、日本語でファイルを作った後で、別端末でそのファイルを見ると見事に文字化けしている場合があります。
そうした場合の対処法のメモです。


まずは「ls -il」コマンドででinode番号を確認する。
ls -il

27395239 -rwxrwxrwx 1 hoge hoge 929 6月 14 13:11 ?A?g???G?t?H?????{??T?[?o.txt
27395994 drwxrwxrwx 3 hoge hoge 4096 6月 15 15:07 画像

今回の場合、「?A?g???G?t?H?????{??T?[?o.txt」が化けているので、inode番号「27395239」を指定して任意の英単語のファイル名に変更する。

find . -inum 27395239 -exec mv '{}' ./hoge.txt \;
これでOK。
ググって出てきたサイトに書かれていることをほとんど真似てるだけですが、一応自分用の備忘録としてメモメモ。
そういう場合の対処法のメモ。
素直にエラー文に出てる通りにzlibをインストールすればOK.
環境はCentOS5.8(final)

yum install zlib-devel
でMP4Boxのインストールできまする。

以上!ヽ(`Д´)ノ
前に一度やりかけて、結局できなかったSo-netの固定IP化。
結局のところ、見ているページが違っていたので固定IPに移行できなかったわけですが、最近になって正しい手順を把握したのでそろそろ本当にうちのサーバも固定IPにしようかなと思ってるわけです、ハイ。

IP切り替わってDNSが反映されるまでの間だけ、サーバが見れなくなりますが、早ければ5分、長くても2時間くらいだと思うのでうちのサーバにサイトを置いてる人にわざわざ言う必要も無いかなーとか、むしろここで連絡しているので見なかった人は知りませんよ的なノリでIP移行を敢行する予定です。

ホラ、あれです。
銀河ヒッチハイクガイドで、

「地球を壊してその軌道上に銀河ハイウェイを作るから避難してね、って50年前からケンタウルス座アルファ星に書いてあったでしょーが!ヽ(`Д´)ノ」

というのと似たようなノリです。

できれば今週中には移したいなー。

なんか格差

 
こないだ、DBへのアクセス過多でロードアベレージが400、使用メモリが16G越え、もちろんスワップもフルなサーバの対処をしました。
とりあえずLANケーブルを物理的に引っこ抜いて、その後DB使う処理を定期的に自動キャッシュ化するように変更。んで、LANケーブルを挿し直し。
これで大分改善されました。
お金があればサーバをクラウドにでも移せばいいんでしょうけどねー。


とまぁ、それは置いといて、うちのサーバのロードアベレージは0.00〜0.03を行ったり来たり。

アクセスの無いサイトってサーバが落ちる心配は無いけど
なんか悲しいんよ(・ω・`)
ここ数日の間、家の中の様子を外からでも確認しておきたい都合が出てきたので、
手持ちのEcoLinux(Ubuntu系)を入れたノートPCを使って家の中にWEBカメラを設置。

カメラはノートPCにデフォルトでついてるものを使用。

映像配信に使うソフトはMotionです。
インストールや基本的な設定は主に下記サイトを参照しました。


LinuxでWebカメラを使う(ライブカメラ、防犯カメラ等)[motion]
http://www.bird-soft.net/mt/2009/06/linuxwebmotion.html


Motion でライブカメラ+動体検知サーバー構築
http://debianj.com/ubuntu/webcam/motion.html


Linux で motion のインストール (書きかけ)
http://www.kkaneko.com/rinkou/linux/motion.html




あと、詳細な設定をしたい場合はここを見れば大体解決します。

Motion Guide - Basic Features
http://www.lavrsen.dk/foswiki/bin/view/Motion/MotionGuideBasicFeatures



うちの場合は、ルータに作業用PCとサーバ用PCが既に繋がっていてこの上にノートPCを無線LANで繋いでます。
こんな感じです。

20120424-webcamera.png


無線でカメラの映像を送受信する上に、ドアを1つ挟んでいるのでなるべくデータサイズが小さくなるようにビデオの画質・サイズ共にある程度のレベルまで下げてます。
でも、家の中の様子を知る分には充分なクオリティにはしています。

セキュリティが気になる人はファイアウォールとかで制限をかければいいかなぁと思います。

とまぁ、LIVEカメラの設置が思っていた以上に簡単でした、というお話です。
昨日夜中あたりにIPが変わって変わってしまったわけですが、ドメインの数がちょこちょこ増えてるので設定しなおすのめんどい・・・(・ω・`)

DiCE for Linuxを使うにしろドメイン増えるごとに設定増やすのもアレだし、ここはやはり固定IPにすべきか・・・(・ω・`)
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»