Skip to main content.

CentOS カーネルPPPOE設定

 
知り合いのサーバ屋さんに教えてもらったカーネルPPPOE。
普通のPPPOE接続と違いカーネルモードでPPPOE接続を行うことによって、CPUの負担は増えますが通信速度が1.5〜3倍くらい向上するみたいです。

んで、やり方メモメモ。
OSはCentOS5です。


(1)
まず
"/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0"
を開いてonbootをnoにします。

(2)
adsl-setupコマンドで通常のPPPOE設定をします。

(3)
"locate rp-pppoe.so"
で、rp-pppoe.soの置いてあるパスを見つけます。

今回は
"/usr/lib/pppd/2.4.4/rp-pppoe.so"
という仮定で。

(4)
"/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ppp0"
に下記を追記

"LINUX_PLUGIN=/usr/lib/pppd/2.4.4/rp-pppoe.so"

(5)
最後にネットワークを再起動したら終了!
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

comments powered by Disqus