Skip to main content.

linux入れたHDDにwindowsをインストール・・・が手間

 
WindowsのOSを6個購入し、サーバとしてCentOSを入れていたPC6台にそれぞれインストールすることになった際

インストールDVDをドライブに入れて起動しても画面が真っ黒なまま動かなーい。


パーツが壊れたと思って、DVDドライブを交換したりインストールDVDを他の作業用WindowsPCに入れてちゃんと読み込めるか確認したりしても解決せず。

そんで、BIOSでためしにHDDを無効化してみたらちゃんとインストールDVDが動作したので

「HDDがおかしいのか!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

と思って、HDDを通常起動すると普通にCentOSが立ち上がります。

Windowsを入れてるHDDに差し替えてもインストールDVDは動作したので、ここで「Linuxをインストールしてるせいか」という考えになってググってみたところ下記のような記事を発見。

PC便利帳: LinuxでMBRの初期化 (削除)
http://tipspc.blogspot.jp/2008/02/linuxmbr.html


Linuxをインストールしたディスクを、もう一度、Windowsで使いたい場合、
そのままだとGRUBがMBRが残ってしまっていて、
インストールやブートが出来ないことがあります。
その時は、再インストールの前にMBRを初期化します。


MBR初期化ができません - Linux系OS - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4938819.html


理由は、Windowsのインストーラが、LINUXのMBRを認めないという、とんでもない仕様によるものです。


というわけでMBRの問題みたいです。


こんな仕様だったとはほんとファッキューですなー(T_T)

と嘆いていても仕方がないので記事に書かれていた通り

dd if=/dev/zero of=/dev/sda bs=512 count=1

を実行してみたらちゃんとWindowsがインストールできるようになったんよ。(゜ω゜)ワーイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

comments powered by Disqus