Skip to main content.

CentoOS6のサーバにMongoDB入れようとしてmakeでエラー出た時の話

 
CentOS6.5にMongoDBをインストールする - Qiita
http://qiita.com/nownabe/items/123a8fd04ff5252b3036


を元にリポジトリを追加してインスコ。
個人的にはenabledは0にする主義で。

[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=0


んで、yumでmongodbを入れて、peclでドライバを入れようとしたら

「ERROR: `make' failed」と。

ググってみたら、こういう記事発見。

mongodb - make fails trying to install mongo php driver on Centos 6 - Stack Overflow
http://stackoverflow.com/questions/29082370/make-fails-trying-to-install-mongo-php-driver-on-centos-6



どうやら、opensslが足らんかったようで。
言われてから気づきましたが、ログをちゃんと読んでみれば確かにopensslフォルダが見つかりませんというログがありました。

これもyumで入れて、再度 "pecl install mongo" を実行すると無事にインスコ終わり。
php-fpmをリロードしてphpでmongodb使えるの確認できました。


関係あるのかどうか分からんですが、php-fpmとかnginxとかリスタートしたちopnesslを入れたりなどで、phpのsessionフォルダの所有者が書き換わってて、セッション使えなくなったりしました。
どうしてですねん。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

comments powered by Disqus