Skip to main content.
普通(2D)のウェブサイトに簡単に3Dオブジェクトを設置できるJavaScriptフレームワークだそうで。

Voodoo - A Next Generation Internet
http://www.voodoojs.com/




これ、スマホサイトで使えたら結構面白そうな気がします。
こないだ作ったページが古いブラウザでは表示が崩れるという連絡を受け、原因であろうと思われる箇所を修正しても、古い環境がこちらには無いのでどうやって確認しようかとググってみた結果、オンラインでいろんなブラウザでの表示確認ができるサイトで良さそうなのを2つ程見つけたのでメモメモ。
φ(´д`)メモメモ...

1つめは「Browsershots」。
対応ブラウザが多く、複数選択して一括で表示テストができますが、表示されるまでにあえて結構時間がかかるような仕様みたいです。ブラウザ3つ選択して試したところ14分ほどで表示されました。

Check Browser Compatibility, Cross Platform Browser Test - Browsershots
http://browsershots.org/


2つめ「browserling」。
対応ブラウザの中から1つを選択して表示テストする形式。
メジャーなブラウザはだいたい対応してますが、IE6〜8の表示には有料プランに入る必要があるみたいです。

browserling - interactive cross-browser testing
https://browserling.com/



日本語での紹介ページは以下参照。

[ウェブサービスレビュー]特定ブラウザでのスクリーンショットを一括取得できる
「Browsershots」 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/society/35028398/


仮想環境でブラウザテストができるサイト「browserling」 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2012/06/120625browserling.html
悲報: AdWordsキーワードツール終了(予定)のお知らせ | 海外SEO情報ブログ
http://www.suzukikenichi.com/blog/google-adwords-keyword-tool-will-be-unavailable-soon/


SEO対策キーワード選定の際の検索ボリューム調べるのに便利なキーワードアドバイスツールですが、なんかキーワードプランナーという名称に変更されてAdwordsのアカウントが必須になるみたいですね。

SEO対策はするけどAdwordsは使わないという人も結構いるとは思うので、そういう人らの反応はどうなのかはちょっと気になるところ。

まぁ、自分はAdwordsのアカウント持ってるのであまり気にはしてないですけど。
(^q^)ダッダーン!ボヨヨン!ボヨヨン!
アマチュアカメラマンで年収1千万円超えも! 写真素材のマーケットプレイス「PIXTA」社長、古俣大介さんの起業物語(1/5):IT&ウェブ業界のスキルアップをサポートする「CAREERzine」
http://careerzine.jp/article/detail/2325



ネット系の起業ってだいたいは
『1人でできる範囲のことをして徐々に大きくする』スタイルが推奨されてますけど、
『必要なリソースをすべて外部から調達し、短期間で急成長する経営』スタイルというのも周りの環境を盛り上げる為には必要なんですね、という印象。


PIXTAはかゆいところに手が届く写真が多くて助かります。
ブログ界のシェールガス革命「Pocket」がすごい
http://www.wakatta-blog.com/pocket.html


を見て、
ほぉほぉ、こういうのがあるんですな。」と。

流行っているのならばこの尻軽エンジニア、
ブログパーツを設置することもやぶさかではない(・`ω・)ドヤッ

ということでpocketのカウンタを設置。
ブログ全ページの右のサイドバーと、個別記事ページの記事下の2箇所。

やり方は
pocketのソーシャルボタンがリリースされてたのでつけてみた。 : ホホ冢次男
http://hayashikejinan.com/webwork/sns/230/

を見ればだいたいOKですが、一応公式ページ内のボタンの貼り方のページもついでにメモメモ。

Pocket for Publishers: Pocket Button
http://getpocket.com/publisher/button



pocketはUIが使いやすいそうですね。

ただ自分の場合は、あとで読むためのメモはだいたいブログに書いたりしますし、ブログにメモれないような内容の場合はEvernote使ってるので乗り換えることはしばらくは無いですかねー。
最近久しぶりにチェックしてみたらCe2Beを利用してくれている人が少しずつですがいました。

善き哉善き哉(・`ω・)
ウェブサービスを作る過程で国内の市町村の地域データが必要になったので総務省統計局が配布しているデータが置いてあるURLをメモメモ。

統計局ホームページ/統計に用いる標準地域コード
http://www.stat.go.jp/index/seido/9-5.htm


北海道から順番に市町村が階層で整理されているので全国を網羅するようなポータルサイトを作る時なんかに便利。
【その手があったか】 Evernoteのユニークな使い方をまとめてみた - Six Apart ブログ
http://blog.sixapart.jp/2013-04/evernote.html


ほぼソースコードやサーバの設定、スタイルシートなどのメモ帳と化している(´・ω・` )
前からちょこちょこ作ってるアクセス解析サイトの続きー。

とりあえずグラフ描画をつけてみた。
1ヶ月分のデータを取得しようとするとどうしても表示までにレスポンスが多少遅いので、AJAX通信でデータ取得するように変更。


なんだかんだで少しずつ進んでるぅー(^ρ^)
私用目的ではありますが、アクセス解析サイト作ってます。


いくつかメジャーなアクセス解析を使ったことはありますが、普通の解析サイトには出ないような重箱の隅を突くかの如く細かくアクセスの動向を見たいなぁと常々思ってたので、作ってみるかーと思い立ちました。

4月は遠出だったり副業が詰まってたりでなかなか時間取れなさそうですが、一応は4月中頃までには一般的なアクセス解析機能は実装したいところ。

それが終れば、サーバの負荷との相談になりますが細かい機能をつけていこうかなーという感じ。
例えば、GoogleとBingとNaverのクローラーが1日何件来て何ページを拾ってくれてるか、またはクローラーが辿りつけていないページが無いかのチェックだったり、ユーザがサイト内をどういう経路で周っているかというページ遷移を記録したりとか。




まぁ、

そもそも完成するかどうかも怪しいですけどね(´・ω・`)
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»