Skip to main content.
今日、なんかサーバ落ちのメールが着てたけどこんなのあったのね。

GMO、レンタルサーバーなど複数サービスで24時間にわたり障害、電源設備の故障で -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160118_739355.html


でも、この障害17日に発生したってあるけど、なんで今日サーバ落ちのメール着たんやろか・・・?
復旧作業中の何かしらの都合でこちらが使っているサーバが一時的に落ちたんかな?
ファイル同期が必要なサーバが出てきたので、lsyncdを久しぶりに入れてみたけど全然同期されなくて、なんだどうしたといろいろ試した結果、ただ単にポートが開いてなかっただけという時間の無駄遣い。

max_user_watchesも上限上げ忘れてたし、あれですなー日に日に物忘れがひどくなって気がするぅー。
モデムの障害ログを見たところ、NICがリンクアップ/リンクダウンを頻繁に繰り返してますな。

LANケーブルを挿し直すか、交換するくらいで直ればいいけど、
多分これはLANボードを買ってきて増設せなあかんパティーン。

日曜は仕事があるので、対応は月曜日くらいになりそう(´゚д゚`)


それまでは、数分に1回の頻度で30秒〜3分くらいダウンするサーバ状況をお楽しみいただく感じなんよ(´・ω・`)



前々から考えてたけど、うちのサーバ全部AWSにお引っ越ししようかしら。
家にサーバ置いてるとどうしても経年劣化は避けられないやねん。
うちのサーバがちょこちょこネットワーク切断が起きてる・・・(´・ω・`)

ログ見ても、ホーチミンから不正アクセスきてるくらいしかおかしな点が無い(もちろん弾いてるけど)・・・(´・ω・`)

ネットワークの切断は、1〜2分で収まるけどちょくちょく起きてるからやっぱり気になる・・・(´・ω・`)

家のPCでは接続環境も問題無いから、サーバのLANがダメになってるんかな・・・(´・ω・`)

とりあえず、帰ったらルータとサーバを再起動してみる・・・(´・ω・`)
現在扱っているサイトで1日30万PVを超え始めてちょっと重いかなというサーバが出てきたので、nginxのモニタリングでググってみると

How to monitor nginx - Server Density Blog
https://blog.serverdensity.com/monitor-nginx/


上記サイトにngxtopというツールを使ってモニタリングするとか書かれていたので試しに入れてみました。

ngxtopをインストールする方法はすごく簡単

curl -kL https://raw.github.com/pypa/pip/master/contrib/get-pip.py | python
pip install ngxtop

pipが既にインストールされているなら2行目だけでおk。


そんで、ngxtopを動かしてみたらこんな感じになりました。

ngxtopのスクリーンショット



うーむ、これならApachetopでもいいんじゃないかと思った件について。

apachetopのスクリーンショット


個人的には「tail -f」でログを眺めるのが一番性に合ってたりもします。


[参考]
Python - いつの間にかpipのインストールが楽になってた件 - Qiita
http://qiita.com/who_you_me/items/831d62f396e6d66dda66


lebinh/ngxtop · GitHub
https://github.com/lebinh/ngxtop
夕方くらいから仕事で使ってる「gyao.ne.jp」ドメインがメール送受信できなくなってるけど、どうもSo-netのサーバで大規模障害起きてたみたいですね。

So-net大規模障害


なんか、お知らせには1時間くらいで復旧しましたとかアナウンスされてますけど、夜20:50の時点でまだメールサーバにつながらないんですけどー?(x_x)

しょうがないから、ブラウザでウェブメールにアクセスして新着メール確認しようとしたら503エラーでるしー。
どうなってんだ、So-netぉ・・・。

[追記]
お知らせページが更新されていて、ページ閲覧以外は依然障害発生中とかになってるー。

so-net障害


メール復旧はよ!
他社さんから引き継いだWordpressのサイトがあるんですが、WP内の容量の大きいアップロード画像を削除してからここ最近サーバ負荷が高くなってきたという件。

LoadAverageが100を越えるようになったので、そろそろ「なんでやろねーん」って思って調べてみたら、削除した画像へのアクセスがそのまま404ページへの連続アクセスになってるんじゃないかという話に。

QuickCacheなら404もキャッシュするハズじゃなかろうと思ってたので気にしてなかったんですが、一応テーマフォルダ内の404.phpを見てみたら、

<?php
header( "location: " . home_url() );
?>


って感じでトップにリダイレクトをするようになってました。
なんで、とりあえず404.phpを削除したらLoadAverageが2まで負荷軽減。

削除済み画像1枚アクセスするだけでトップページにいちいちリダイレクトされてたらそりゃチッチキチーですな。
最近画像サーバを用意する機会があったので、メモメモ。
nginx.conf上でexpireで10日間の設定。

location ~ .*\.(jpe?g|gif|png|css|js) {
    access_log off;
    expires 10d;
}
php-fpmをサーバに入れたかったんですが、どのリポジトリを使っても

php53-common conflicts with php-common
って出たので、php53を全部消してphp53uに入れなおしたったった。

なんか企業HPでも、nginx + wordpressの組み合わせを希望するところがわずかずつながら増えてるような気がしなくもないような気がします。

そんなわけで、なんか言われたらすぐ動作確認できるように自サーバ内にnginxのテスト環境を用意しておきたかったのでphp-fpmをとりあえず入れておいた次第。

最近になって初めて知ったんですが、MySQLの適切な設定値を教えてくれるMySQLTunerというのがあるんですね。

my.cnfの細かい設定とかに詳しくないのでこういうの助かります。
で、自鯖で試してみました。
 
続きを読む
 
«Prev || 1 · 2 · | Next»