Skip to main content.
インテリライフ2ch : 低学歴の世界と高学歴の世界が交わるとき、そこには膨大な金脈が広がる。
http://intellife2ch.com/archives/1836580.html


以下、引用

「愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ。」というドイツ帝国宰相ビスマルクの言葉がある。

経験というのは自分の主観的な感情であり、歴史というのは客観的なデータだ。

目の前にある事象に対してその場限りの感情的や運で捉えるのではなく、事象の中に関連性
やデータを見出しそこから学べというのだ。

これこそまさにビジネスで大成功するための本質的ではなかろうか。

ゲームは底辺層の暇つぶし。くだらない。そこで終わる人がいる、一方で、人はなぜ、
ゲームにハマるのか、何にお金を払うのかそこをどんどんデータで突き詰めて、ソーシャルゲームをつくって莫大な富をつくる人がいる。

大企業の社員よりも、中小企業の社長の方が給料も生活スタイルもそりゃ良いよね、っていう感じの内容です。

大衆心理を客観的に捉えて成功する人もいる反面、世の中のいろんなものにケチをつけることで自分は周りよりも一つ上のランクに位置していると無理やり思い込んで自尊心を保とうとしている人もチラホラいますよね、って思ったり。

知人にもそういう人がいますが、まるで四方八方世界の全てが敵かのごとく文句を言ってます。

疲れないのかしら(´・ω・`)
お互いに外国語で文章を書いて、母国語の人がそれぞれ添削しあって言語学習を促すサービスの「Lang-8(ランゲート)」の成り立ちやアウトプットにおける考え方などのインタビューが載ってたのであとでゆっくり読む為にメモメモ。φ(´д`)

絶対に真似したい、約190ヶ国を繋いだ「アウトプット」と「フィードバック」 | 株式会社LIG
http://liginc.co.jp/life/useful-info/44207
データの鬼、Googleが解析した「よい上司を製造する8つの条件」 - DNA
http://dailynewsagency.com/2013/04/06/project-oxygen/


Googleの中の人たちでも結局は個人の能力よりもチーム内のコミュニケーションが大事だったという悲しいお話。

仕事の能力と、チームマネジメントの能力はやっぱり別物なんだなぁと思ふ。
暇人\(^o^)/速報 : ニートだったけど実家再建した - ライブドアブログ
http://himasoku.com/archives/51764211.html


仕事とか才能の向き不向きによってニートが一転することもある、というお話。
ところどころ文章にニートっぽいだらだら感が垣間見えてワロタ。
«Prev || 1 · | Next»