Skip to main content.
洗濯して水責めにした後、乾燥で高温にさらしてしまった結果ご臨終となったiPodTouchですが、「数日おけば復活する」という都市伝説は捨て置いて結局サポートに電話して修理に出すことになりました。

購入して1年未満なら通常は保証期間内らしいですが、落とした場合と水没した場合は修理費がかかるそうで18000円となりました。

自分のはオリジナルの刻印がついてるので恐らく修理に2週間かかる、と。
修理というかこの状態なら完全に交換じゃなかろうか、とサポートの人は言ってましたが。

iPodTouchって1個ずつに固有のシリアルナンバーついてるんですね。
初めて知りました。


サポートに電話してて若干気になったことと言えば、

ブラウザ上からiCloudの設定を粛々とこなしたり、データバックアップに不備は無いことなどを言ってたらサポートの人にめっちゃ感謝されたわけですが。


「ブラウザとか言われても分からへん!」とか
「データを初期化なんてありえない!自動バックアップ?知らん!なんとかしろ!」とか
「そもそも修理費を取るな!」とか

なんかサポートの人って苦労してはるんかなぁとうっすら邪推せざるを得ない。
«Prev || 1 · | Next»