Skip to main content.
SEO(検索エンジン最適化)について何も知らない人には何のことだか分からない話ではありますが

ぼちぼちモバイルフレンドリーの対応をせなあかんですなぁ、ということでモバイルフレンドリーテストを行ったわけです。

モバイル フレンドリー テスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/



WordPressのサイトでちゃんとMultiDeviceSwitcherでPC・スマホの振り分けをしているのに

「モバイルフレンドリーではありません」
と表示され、スクリーンショットに出てるサイト表示もなんか変。


どういうこっちゃと思って調べてみたら、robots.txt で "Disallow: */wp-content/" としていた為にWPテーマフォルダとかWPプラグインフォルダの中にあるcss・jsファイルが読み込めなくなっていただけというオチ。


PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

でそのサイトを見ると問題無く表示されるんですが、モバイルフレンドリーテストで見た場合って、あくまでGoogleのクローラーで見た結果が表示されるのでrobots.txtとかmeta:robotsなどの影響も加味しなきゃいけないんですね。


これ大事なのでもう一度。

「モバイルフレンドリーテストがチェックするのは『クローラーにはサイトはどう映るか』。変な結果が出たらrobots.txtなどクロール制御をチェケラ! 」



モバイルユーザビリティに関して、どう対応したらいいのかは下記URL参照。

モバイル ユーザビリティ - ウェブマスター ツール ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/6101188




仕事で関わってるサイトはまぁ対応せざるを得ないですが、このブログに関しては面倒くさいから別にフレンドリーにせんでもええか・・・


とか思ったり。∠( ゚д゚ )/
ドアウェイページに対するアップデートが更新されるみたいですね。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 誘導ページについて、品質に関するガイドラインを更新しました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2015/03/an-update-on-doorway-pages.html


以下、引用。

●検索エンジン用に最適化することでサイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的としているか。そうである場合、そのページがサイトのユーザー エクスペリエンスに不可欠か。
●ページのコンテンツが極めて具体的であるにもかかわらず、一般的なキーワードで検索結果の上位に表示されることを目的としていないか。
●検索トラフィックを増やすことを目的に、そのページにサイト上の既存の項目(場所や商品など)をまとめたコンテンツを繰り返して掲載していないか。
●コンテンツや機能において独自の価値はなく、単にお金儲けのためにユーザーを別のページに誘導することのみを目的に作成されたページではないか。
●ページが「孤立」して存在していないか。サイト内の他の場所からそのページへの移動が困難または不可能ではないか。検索エンジンのためだけに、サイト内の他のページやサイトのネットワークからそのページへのリンクを作成していないか。


あと、
誘導ページ - ウェブマスター ツール ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/2721311?hl=ja

からも引用。

●特定の地域や都市を対象としたドメイン名やページを複数持ち、それらのドメインから 1 つのページにユーザーを誘導するもの
●サイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的として生成されたページ
●サイト内における階層が明確に定義されていないため構造としては検索結果の一覧に近い、内容が類似する複数のページ



このアップデートを機にNAVERまとめとかアフィリのLPが下がってくれればありがたいんだが、と思ふ今日この頃です。
(´・ω・`)
2015年04月に”適切にモバイル表示がされていることが評価につながるモバイルフレンドリーアルゴリズム”というのが導入されるとGoogleから発表されたわけですが、Gunosy経由で見かけた記事に書かれていた「モバイルフレンドリー・アルゴリズム=もふもふアルゴリズム」という呼び方がえらくティンときました。




この呼び方・・・・なんか素敵やん?



モバイルフレンドリーアルゴリズムについては下記参照。
Googleのモバイルフレンドリーのランキングファクターはリアルタイム&ページ単位基準。 | SEO Japan
http://www.seojapan.com/blog/google-mobile-friendly-ranking-factor-runs-real-time-page-page-basis
人を採用する基準の一つの考え方として「空港に二人で待機して6時間楽しく過ごせるような人か」という風に本には書かれてましたが、仲の良い友達でも6時間二人っきりはちとしんどいなぁと思ふ今日この頃です。

んで面接基準について思い返してみると、個人的には「プログラムできます!専門学校で習いました!前の会社でこういうのを作りました!」という面接アピールで痛烈に騙されたことが2回あったので、やっぱり技能より話しやすさなんよ、と思ふわけで。



騙された一回目は
「専門学校で受講はしたけど、内容を1ミクロンも理解していなかった」という人です。


「例えば掲示板とか作るくらいの知識はあります?」→「できます!」
作れない



「じゃあ、関数をいじるところからやりましょうか?」→「関数って何ですか?」
変数・関数を理解していない



「え、学校で習ったんじゃ・・・・?」→「はい、学校で本を1冊やりました!」
プログラムの本には絶対書かれている内容を問うてるわけで



「本に書かれていることのちょっとした応用ですよ?」→「本に書かれていること以外できません!」
結局、本に書かれていることを意味を理解せずにキーボードを打ち込んでいただけー・・・。



「ちなみに正規表現とかはわかります?」→「わかります!」
本に書かれていることコピペするだけで(以下略




それで、2回目は
「前の会社で指定されたコードを打ち込んでいただけで、これまた内容を全然理解していない」という人でした。

「え?面接時にJAVAを1年やってましたとか言ってましたよね?」→「それは前の会社で書かされただけで内容は全然分かりません。正直、入ってから暴露すれば教えてもらえると思ってました。」
狙ってやってるだけタチが悪い



という感じの人がいましたので「やれます!できます!」という人を信用しづらいんよ。(´・ω・` )
玉川区役所 OF THE DEADの第3話見逃してたけど、いろんな動画配信サービスで見逃し配信対応してるとわ・・・。

有料なのはちょい残念ですが、録画し忘れた時だけのフォロー策と考えたら300円くらい払ってもいいかなーて思えますね。

ドラマ24「玉川区役所 OF THE DEAD」:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/tamagawa/index.html


というわけで今からGooglePlayで第3話見るんよ(`・ω・´)
簡単に言えば、自分の著作権を侵害しているURLに対してGoogleに申請すればDMCAに則ってそのURLを検索対象外にすることができるわけですが、あまりに著作権侵害しまくってるとサイトまるごとイっちゃうぞ☆って感じのGoogleの検索アルゴリズムのアップデートです。

米Google、新ランキングシグナルを導入 - 著作権侵害申立件数が多いサイトの検索順位調整へ::SEM R (#SEMR)
http://www.sem-r.com/news-2012/20120811080827.html



著作権侵害コンテンツを無くすのは全くもって良いことだとは思うのですが、例えばレビューサイトを対象に「勝手に写真を取られてる!」って文句言って店内や商品などの権利を主張しまくったらレビューサイトを潰せたりする可能性とかって無いんですかね?ってちょっと思ってしまう今日この頃です。


数年前から「Google様は文章の自然さもチェックしてますやでー」とは言われてますが、去年・今年と目視による手動ペナルティがほんと増えてる感じがしますね。

上記リンクにある、例1,例2を今でも続けていてなんとか効果を上げているSEO業者さんを知ってますが、

「なるべく目立たないように活動するしかない・゚・(つД`)・゚・

とか言ってました。
なんか順位変やなーと思ってましたが、結構変動起こってるみたいですなー。

Googleで前代未聞の大変動が発生中!ペンギン3.0? | アフィリエイト野郎
http://afi8.com/2014/08/23/10960/

ピジョンアップデートというGoogleのアルゴリズムのアップデートが先週あったわけですが。

Google、ローカル検索のアルゴリズムを大きく更新 ーー ピジョンアップデート | 海外SEO情報ブログ
http://www.suzukikenichi.com/blog/google-pigeon-update/


これって影響受けるのアメリカでの検索だけで、しかも地図検索に関連するアップデートということらしいハズなのに、

20140815-pijon.png

なんか、国内サイトで地図に全く関係無いサイトも検索トラフィックに影響を受けている可能性が微レ存。


というか、今日になって検索結果から軒並み出てこなくなったサイトもあるので微レ存どころでも無いのかも。

namazu.jpでも今月の13,14日に順位変動が起こったとのことなので、今週・来週は順位変動ちょっと荒れるんですかね。

[備考]
微レ存とは - 意味/元ネタ/使い方|2ch
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»