Skip to main content.
ASCII.jp:Google HTTPS暗号化サイトの検索順位優遇を発表
http://ascii.jp/elem/000/000/922/922183/?mail


記事を読む限りではあんまり気にしなくても良さそうですな。
会員情報扱う場合にSSL無かったら評価下がるとか、実質そんなところじゃなかろうかと。

記事内で指摘があったように、「SSLを入れればSEO上有利ですYO!うちなら格安で導入しますYO!」っていうメルマガは確かに出てきそうですなー。

まぁでもこれを機にSSLをちゃんと入れておこうと思うサイトが増えるならそれはそれでアリな気もします。

Googleは確かOpenSSLから派生させたBoringSSLに移行するって話が先月くらいにあったから、Heartbleed問題が出てからいろいろSSL周りで活発に動いてはるんかなぁと。

周りのSEO業者でSSLについてどーのこーの言ってるところはあんまり無いんですが、これもいずれはSSL入れましょーって言ってくるんかな?(・`ω・´ )


[備考]
GoogleがOpenSSLをフォークした「BoringSSL」を公開 | スラッシュドット・ジャパン セキュリティ

ハートブリード - Wikipedia
ここ数日、Googleの検索アルゴリズムのアップデートによって検索順位が結構変わってきてるみたいですね。



またしてもGoogleで大きな順位変動を確認 - ペイデイローンアルゴリズムとパンダの更新 | アフィリエイト野郎
http://afi8.com/2014/05/21/10433/


Google、ペイデイローン・アルゴリズムの更新を発表::SEM R (#SEMR)
http://www.sem-r.com/news-2014/20140521115002.html


ペイデイローン・アルゴリズム |SEO対策ならSEO ANSWER
http://seoanswer.jp/glossary/payday-loan-algorithm.html


ペイディローン・アルゴリズムでGoogle大変動中 - 最新のSEO対策ならSEO JUMP
http://seo-jump.com/payday-loan-algorithm/



ペイデイローンアルゴリズム(正式名ではなく通称らしいですが)と、パンダアップデートが両方来てるんだそうで。

スパミーなソースを除外するなど、内部精査が主な変更点ということでソースの見直しが必要なサイトもあると思います。
サテライトサイト作ってる業者、涙目。

現時点ではアフィリエイトサイトが軒並み下がってるとか。
また、知り合いの業者さんがしばらくは変動が続くだろうということで様子見しかないそうですが、数年先を見越してオーサーランクを上げる努力をしたほうが良いんじゃなかろうかと思ってる今日この頃です。
久しぶりにGoogleのウェブマスター向けページ見てたらトラブルシューティング用のページができてたみたいで。

最近はGoogleの手動ペナルティが盛んだとどこかの記事で見たので、そうした人らに対する救済ページなんですかね?



もうすぐ2014年ということで2013年のまとめ記事が結構出てるみたいなので、そのまとめ記事をさらに列挙してみるという感じです。
「2013年のまとめ記事」のまとめ記事です(・`ω・)

とりあえずWeb系の記事をメインにしてます。
全部で11個です。


Googleの公式ブログの人気記事ランキングです。これを見とけばSEOの基礎は押さえられるかと

 
続きを読む
 
SEOのチェック項目を118個も掲載しているページがあったのでメモメモ。



基本的ながらも大事なことですね。
あとで読むーからー忘れんようにーメーモメモー(・`ω・´)

SEO内部対策で検索流入数を一日で30%増加させた時に行った20の事
http://bazubu.com/internal-seo-15989.html


SEO効果が30%も上がるならやらない手は無いと、そう思うわけでして。
SEO関係の人にはもう常識なのかもしれませんが、自分としては今日初めてPanguinToolというものを知って、いたく感動した次第です。



Googleのアルゴリズムの大きな変更があった後にアクセスが下がると検索順位が落ちたんかなぁと割りと推測で原因を探ってたりしてましたが、
こういうPanguinToolのようなツールでアルゴリズム変更時期からのアクセス推移をパッと見で確認できるとだいぶ影響が確認しやすくなりますね。

ちなみに当ブログのグラフはこんな感じです。



パンダアップデート後にアクセス下がっている傾向が強いので、記事のオリジナリティが低いと見なされてるんですかね?

これは今後も使いたい。
SEOとサーバの負荷チェックとLinuxのセキュリティについての記事をメモメモ。

【SEOスパム包囲網】大手有料ディレクトリサイトもペナルティ対象へ | 集客チャンネル
http://yongshuangchem.com/news/2867/


ついに通知来たか―、って感じです。



無料で使える!Webサイト負荷テストツール 12選 | Find Job ! Startup
http://www.find-job.net/startup/12-test-tools


あんまり負荷テストはしないですけど念の為にURLをメモ



Linuxセキュリティ標準教科書 無料ダウンロード LPI-Japan LPICレベル3対応|Linux技術者認定機関 LPI-Japan [エルピーアイジャパン]
http://www.lpi.or.jp/linuxtext/security.shtml


iptablesを軽視している知り合いのサーバ屋さんがこないだサーバにウィルスが紛れてて対応が大変そうだったのを思い出しました。

Googleがついに相互リンクをスパムと断定!今後の相互リンクの行方はいかに? | アフィリエイトJAPAN
http://affiliate-jpn.com/archives/3139


より引用です。

ただ、今回の更新によって断定されたのは上記の議論とは若干ずれます。今回は「過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること」がNGとされています。

なので、絶対にやってはいけないことは、

●相互リンク集を作ること
●相互リンクページを作ること
●相互リンクを無差別で募集をすること

これらは全てNGになったということですね。


複数の自社サービスなどを相互リンクさせるのは割と普通だと思うのですが、どのくらい過剰にリンクしたらアウトになるのかが気になるところです。


[追記]
よくよく上記記事を読んでみると、単にタイトルで煽ってるだけっぽいですね。。。
過剰な相互リンクはリンクファームとしてペナルティの対象になるというのは以前から周知されてますから、相互リンク自体は悪くないハズです。
wordprssはSEOに強いのか、という話はたまに聞きますね。
wordpress信者の人は「まぁ、間違いない!」と言ったり。

んで、今月あったword campでGoogleの中の人に聞いてみた、という記事をメモメモ。

[凛]WordCamp Tokyo 2013で「Googleに聞いてみよう」を聞いてきた! | りんろぐ。
http://wan.207works.com/wordcamp-tokyo-2013/


結局テーマを自作した場合は、逆にSEO対策にならない場合ってありますよね。
(´・ω・`)


それと、
GoogleAnalyticsの便利な使い方を列挙してる記事もメモメモ。

完璧に分かる!「google アナリティクス」の得する設定と使い方まとめ31 | コムテブログ
http://commte.net/blog/archives/3649

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»