Skip to main content.

もうWin10か

 
もう露骨に無料アップデートのポップアップ出てきますやん(´・ω・` )
しばらくはWin7Ultimateでええんですが。

20150602-win10.jpg
というか、重くなりました(T_T)


ググってみたところ、下記のような記事を発見

2015年3月11日のWindows Updateを適用すると、Windows8/8.1マシンの一部でエクスプローラーやタスクバーが固まったり、異常に重くなる現象が確認されています。

残念ながら、現時点では有効な解決方法がありません。
どのくらいの規模で影響がでる問題なのかも分かっていません。
(KB3033889およびMS-IMEが犯人の説が有力です)


エクスプローラーやタスクバーが固まる・異常に重くなる問題2015年3月
http://freesoft.tvbok.com/cat97/2015-2016/2015_03_taskbar_explorer.html


ということらしいです。


ホント、エクスプローラーがポンポン固まる!ヽ(`Д´)ノプンプン
ドスパラからメルマガが届いたので見てましたらタイトルが

「号外!XPのサポート終了まであと僅か!早めにWindows7に切り替えよう!」

だってさ。

あれ?Windows8は?
まだ発売されてなかったっけ?(´・ω・` )

うちのデスクトップPCもWinXPのまんまだし、そろそろ切り替えないと。



最低限のスペックがあり、かつなるべくお安くと考えるとコレ辺りがコスパ良さそう。
WindowsのOSを6個購入し、サーバとしてCentOSを入れていたPC6台にそれぞれインストールすることになった際

インストールDVDをドライブに入れて起動しても画面が真っ黒なまま動かなーい。


パーツが壊れたと思って、DVDドライブを交換したりインストールDVDを他の作業用WindowsPCに入れてちゃんと読み込めるか確認したりしても解決せず。

そんで、BIOSでためしにHDDを無効化してみたらちゃんとインストールDVDが動作したので

「HDDがおかしいのか!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

と思って、HDDを通常起動すると普通にCentOSが立ち上がります。

Windowsを入れてるHDDに差し替えてもインストールDVDは動作したので、ここで「Linuxをインストールしてるせいか」という考えになってググってみたところ下記のような記事を発見。

PC便利帳: LinuxでMBRの初期化 (削除)
http://tipspc.blogspot.jp/2008/02/linuxmbr.html


Linuxをインストールしたディスクを、もう一度、Windowsで使いたい場合、
そのままだとGRUBがMBRが残ってしまっていて、
インストールやブートが出来ないことがあります。
その時は、再インストールの前にMBRを初期化します。


MBR初期化ができません - Linux系OS - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4938819.html


理由は、Windowsのインストーラが、LINUXのMBRを認めないという、とんでもない仕様によるものです。


というわけでMBRの問題みたいです。


こんな仕様だったとはほんとファッキューですなー(T_T)

と嘆いていても仕方がないので記事に書かれていた通り

dd if=/dev/zero of=/dev/sda bs=512 count=1

を実行してみたらちゃんとWindowsがインストールできるようになったんよ。(゜ω゜)ワーイ
Windows8.1の発売のニュースを見て「"8"の利用者はネットで無料で"8.1"にアップグレードできる」と書いてあったので自宅のノートPCも8.1にしようかしらなどと考え中。

ウィンドウズ「8.1」発売=スタートボタン復活―MS (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000080-jij-bus_all


Windows8.1になって廃止されていたスタートボタンが復活するそうです。
そのことに対する上記ニュース内のユーザのコメントで

「スタートボタンが無いとシャットダウンすら出来なかったんですようちの母は!!」


というのがあってワロタ。
なんていうか、情景が簡単に想像できそうなんよ(・`ω・)
«Prev || 1 · | Next»